情報・システム研究機構 女性研究者活動支援室

情報・システム研究機構
 
 
第2回 国立極地研究所 女性研究者活動支援室主催セミナー

2016年9月6日
第2回 国立極地研究所 女性研究者活動支援室主催セミナー
『英語で書くビジネスレター・カバーレター』

を開催しました。


 第2回セミナーは、京都大学 企画・情報部広報課 国際広報室 室長の今羽右左 デイヴィッド 甫(David Hajime Kornhäuser)氏を講師にお迎えし、ビジネスレターやカバーレターといった英文レターの体裁を中心に、多くの日本人にとってあまり馴染みのない英文レターの書き方を学びました。

 セミナーの冒頭では、タイプライターによる印字、という英文レターの歴史的な背景から現在も踏襲されている体裁についての説明の後、日本文と英文でのカッコの用法の違いや使用に適不適のフォントなどが紹介されました。日本人にとって難易度が高い「敬称」についての説明では参加者からの興味と具体的な質問が集中し、議論が大変盛り上がりました。

 後半は、参加者からあらかじめ提供されたカバーレターを添削し、読みやすく簡潔な英文レターに整えるという実践編でした。今羽右左氏からは、「英文レターは相手にとって読み易い文章にするという基本的配慮が最も重要である」とまとめの言葉がありました。

 33名の参加者からは、「論文がリジェクトされることが多く、カバーレターの書き方に不安があったので学べてよかった」「英語圏の人が持つ文章感覚がわかった」「具体例を使用した説明はわかりやすく、フォントや体裁についてすぐに実践できる内容だった」「読み手のことを考えて書く重要性・基本について再認識した」等の感想が寄せられました。


(ROIS女性研究者活動支援室コーディネーター 中村淑子)